ライブ・カルシウムイメージングと小型顕微鏡

行動中の脳を理解することは難しい作業ですが、技術革新によって非常に近づくことができます。

EthoVision XT、PhenoTyper、nVista(Inscopix)などの小型化された顕微鏡では、自由に動くラットやマウスで神経活動(カルシウムイメージング)や行動データを取得することができます。