フェイスリーダー

ノルダス社の表情解析ツール「FaceReader」は顔表情の学術的理論である「FACS理論」をベースとしたソフトウェア・アプリケーションです。顔の500のポイントを、データベースとリアルタイムで照合、精密な計算から心理・感情を【喜び・怒り・驚き・悲しみ・恐れ・嫌悪・軽蔑】の7つに分類表示します。「感情をつかさどる脳神経の活動を1/5秒単位で瞬時には反映する」と言われる顔筋の動きを読み解く表情解析は、大規模な機材を必要とせず、解釈も容易なことから、「最も手軽に行えるニューロサイエンス調査」として様々な分野で広く使われています。
→詳しくはこちら

 

オブザーバーXT

Observer XTは、観測データの収集、分析、および表示のためのプロフェッショナルで使いやすいソフトウェアパッケージ。正確かつ定量的な方法で行動を記述します。またビデオやオーディオ、アイトラッキング(視線解析)や脳波・血圧・脈拍などの生理データなど​​も統合し、計算し・評価します。お客様の研究ニーズを満たすためのラボも設計しており、 Noldusユーザビリティラボではすべての機器が完全に統合されるため、コントロールルームの中央コンピュータで機器を操作、記録することができます。また、インターコムを使用すると、観測室にいるテスト参加者と通信できます。
→詳しくはこちら

 

メディアレコーダー

メディアレコーダーを使用すると、一度に最大8つの異なるビデオおよびオーディオソースから同期ビデオ録画を行うことができます。 ObserverXTとFaceReaderの両方と互換性があり、幅広いカメラがあり、理想的な記録ツールです。メディアレコーダーは、スタンドアロンツールとして使用することもでき、ラボ、家庭、教室内のコンピューターで実行して、ビデオレコーディングを録音、結合、ファイル化することもできます。
→詳しくはこちら