新バージョン

The Observer XTのバージョン14.0では、使いやすさ、柔軟性、効率性に重点を置いています。

研究者のためのフローティングサイトライセンス

フローティングサイトライセンス機能により、The Observer XTのソフトウェアはより汎用性の高いものになりました。 ハードウェアキーはもはや必要なく、部門、建物、キャンパス周辺、さらには家庭内でも、このソフトウェアを簡単に使用できます。 フローティングサイトライセンスを使用してプロジェクトで共同作業することで、Observer XTを多人数で共有することができます。 サイトライセンスには2つのバージョンがあります。

  1. 基本ライセンス – ビデオコーディングと基本コーディングが可能
  2. 研究ライセンス – 複数のビデオおよび外部データ分析の使用を含むObserver XTのフルパワーを使用できます。

教育ライセンス

生徒は行動を観察、分析するための方法とテクニックを学びます。 Educational Licenseを使用すると、教育者は少なくとも10ライセンスを使用でき、無制限ライセンスに拡張することができます。 教師はすべての生徒ファイルを収集し、結果を分析し、相互評価者のコーディングを比較することができる一方で、Observer XTで作業することができます。 このタイプのライセンスの共有は、効率的でコスト効率に優れています。

効率的

コードビヘイビアを正確にコーディングする

Observer XTは、作業量を減らし、ビヘイビアコーディングを単純化するように設計されています。 ショートカットキーコードを入力することで、被験者、動作、モディファイアを記録することができます。これにより、素早くコーディングしながらシーンに目を向けることができます。 各コードの時間は自動的に記録され、エラーはオンラインチェックによって防止されます。

完璧な組み合わせ

同期のポイントは統合です

メディア・レコーダーで記録されたファイルは、Observer XTで使用でき、完全に統合されたパッケージになります。 Observer XTでプロジェクトを設定すると、すべてのデータとビデオ素材が1つのデータベースに格納され、1つのソフトウェアアプリケーションで表示されます。 これにより、ビデオの完全な制御が可能になり、フレームとデータとの正確なリンクが保証されます。

TrackLabとObserver XT

TrackLabなどの他の記録デバイスや生理学的測定機器からのデータは、Observer XTに簡単に統合できます。 TrackLabは、空間的な動作の認識と分析、およびインタラクティブシステムの設計に理想的です。 TrackLabで収集したデータとObserver XTの他のデータストリームを簡単に組み合わせて解析や視覚化を行うことができます。

データ分析

Observer XT:洗練されたデータ選択、明確なデータの視覚化、強力なデータ分析、多彩な機能、多くのエクスポート機能とインポート機能。