ソフトウェア開発

あなたの研究はユニークです。 あなたの研究室の要件もそうです。 それらを満たすために、私たちのコンサルタントは、リサーチツール、プラグイン、カスタムソリューションの選択について助言することができます。
アプリケーションに独自のソリューションが必要な場合は、カスタムソフトウェア開発を含め、ラボを構築して完璧なラボを作成するという長年の経験に頼ることができます。

あなたのために開発された

カスタム開発とは、組織や研究のためにソリューションの一部または全部が開発されたことを意味し、完全に一致します。 ほとんど何でも可能です。 私たちのコンサルタントやエンジニアは、完璧なカスタムソリューションを作成するためにあなたと仕事をすることに満足しています。
興味がある? 開発に関する詳細は、いつでもお問い合わせください。 私たちのコンサルタントはあなたの挑戦を分析し、それを魅力的な提案に翻訳することができます。
独自のアドオンやインターフェイスの開発に興味がありますか? Observer XTソフトウェア開発キットは、Observer 7.0(またはそれ以上)をビデオモジュールで使用するお客様にNoldus
Supportから無償で提供されます。

このムービーでは、人間の動きの研究でプラグイン機能を使用する方法を示しています。 アニメーションスケルトンは列車オペレータの動きに従います。

プラグインのメカニズムの例

Observer XTには、他のアプリケーションを実行するためのメカニズムが含まれています。 これらのアクションの1つは、「開始観測」です。 したがって、Observer XTソフトウェアのこの動作に反応するように、ライトスイッチなど、外部アプリケーションに任意のコマンドを実行することができます。 もう1つの例は、Observer XTのオブザーバデータと同時にボタンの押下をインポートするプラグインです。
既に利用可能なObserver XTのプラグイン・メカニズムは次のとおりです。

  • エクスポートタイムスタンプ – Observer XTのタイムスタンプを任意のアプリケーションに送信します。たとえば、動作をスパインの視覚化(ビデオの視聴)と組み合わせて表示することができます。
  • 双方向タイムスタンプ – タイムスタンプを送受信します。 したがって、プラグインビューアが操作されると、Observer XTのビデオ、オーディオ、または生理学的データの表示も、観測の選択された位置に移動します。もちろん、その逆もあります。
  • 数値エクスポート – Observer XTの数値修飾子と生理学的データをリアルタイムまたはオフラインで選択したアプリケーションに送信します。 例えば、スピードや心拍数などの数値データは、別のアプリケーションでは緑
    – オレンジ – 赤のスケールに変換できます。 このスケールは、数値データビューよりも使いやすい場合があります。
  • イベントデータのインポート – 選択したアプリケーションから、ビヘイビア、アクション、およびその他のデータのストリームを受け取ります。
  • 数値データのインポート – BiopacやMindWareなどのアプリケーションから生理学的データのストリームを受け取ります。

カスタム開発

カスタム開発とは、組織のためにソリューションの一部または全部が開発されたことを意味し、完全に一致します。 カスタム開発の例は次のとおりです。

  • 実験に必要な特別なボタンやマーカーなどのユーザーインターフェイスの変更。
  • 他のプログラムが容易に読むことができる特定のエクスポート形式。
  • Microsoft Excelなどの特定のデータ分析用に構築された分析マクロ。
  • Observer XTの拡張版で、コメントフィールドに長い文字列を入力できます。
  • Observer XTでのリアルタイムデータの視覚化またはシミュレータデータのインポート。

ほとんど何でも可能です。 私たちのコンサルタントやエンジニアは、完璧なカスタムソリューションを作成するためにあなたと仕事をすることに満足しています。