ダニオビジョン

オールインワン

ダニオビジョンは、マルチウェルプレートにおけるゼブラフィッシュ稚魚のハイスループット試験用に設計された一体型のシステムです。 ゼブラフィッシュに限らず、他の微生物でもお使いいただけます。

これは一体型のシステムとなっており、実験に必要なソフトウェアと機器の両方が含まれています。

  • DanioVision オブザベーションチャンバー(照明を含む)
  • 個体の温度を調節する温度コントロールユニット (オプション)
  • 音・振動刺激を加えるためのタッピング装置 (オプション)
  • EthoVision XTが各稚魚を同時に追跡し、光・音・振動などの刺激の(プログラムされた)制御を行います
  • EthoVision XTがプリインストールされたDellプロフェッショナルワークステーション
DanioVisionの実際の動画をご覧ください。

高スループットのテストを簡単に

DanioVisionは、プラグアンドプレイシステムとして設計されています。実験室をコンピュータに接続し、すぐに使用できます。 DanioVision オブザベーションチャンバーの大きなスライド開口部は、試行間にウェルプレートを迅速に交換するための簡単なアクセスを提供します。 そしてプレートホルダーはウェルが常に同じ場所に配置されるようにするため、カメラとウェルは完全に整列した状態を保ちます。

Zebrafish larvae

正確なトラッキング

EthoVision XTの正確ですばやい解析がゼブラフィッシュなどの微小な個体でも可能になるように、ゼブラフィッシュの長年の研究に基づいて開発されました。

必要なデータ

EthoVision XTは広範囲の変数を自動的に計算します。 また、非常に強力なデータ選択ツールも備えています。 これらの機能は、DanioVisionを完全なシステムにするものとなっています。 速度や移動距離、回転角などの変数を選択し、 驚愕反射が起こった時間プロットにデータを拡大、治療群間を容易に比較して必要なデータを得ることができます。

オブザベーション・チャンバー

オブザベーション・チャンバーとは・・

  • マルチウェルプレート、ペトリディッシュ、またはその他の小型容器用の赤外線(IR)バックライトホルダー。
  • 高品質で高速(最大60フレーム/秒)のIR感度の高いカメラです。
  • 動物の行動や時間に基づいて自動的に動作するようにプログラムできる白色光源。
  • 角の歪みのないすべての坑井の最適画像用の革新的な設計とカメラレンズ。

Observation Chamberは、標準的なANSIおよびSBS準拠のIR-半透明マルチウェルプレートと互換性があります。 6,12,24,48、または96の正方形または円形のウェルプレートを使用することができ、EthoVision XTには、これらすべてのテンプレートが含まれています。 また、ペトリディッシュやその他の小さな容器を使用することもできます。これらの容器はプレートホルダーの中心に完全に固定されています。

このシステムは、ゼブラフィッシュの稚魚の活動、動き、および行動の追跡のための理想的な制御可能な環境を提供します。

高品質のデジタルカメラ

特にゼブラフィッシュ(非常に速く動く小さな動物)では、個体を正確に追跡することが難しい場合があります。 しかし、この課題はEthoVision XT、特にDanioVision Oオブザベーション・チャンバーに含まれる高品質のデジタルGigEカメラで解決されます。カメラの高解像度(最大1280 * 960ピクセル)と高フレームレート(最大60フレーム/秒)により、動きを詳細に監視することができます。 このカメラはIRに敏感です。 オブザベーション・チャンバーのIRバックライトと組み合わせて、昼夜を追跡することができます。

Daniovision camera

内蔵のデジタルカメラ。
Daniovision open lens camera

Iトラッキングのための最高のイメージのための革新的なデザイン。

完全に制御された実験環境

DanioVision オブザベーションチャンバーは実験用に制御された環境を作ります。 稚魚の光の強さと温度をコントロールすることができます。

定常歪みのない画像

トラッキングのための信頼性の高い画像を確保するために、DanioVisionには、実験室環境で発生する可能性のある画像への衝撃を吸収するための防振足が装備されています。 高品質のカメラと観察室の革新的な光学設計は、ウェルの縁部での角度歪みを防止し、さらにバックライト付きプレートホルダーは、各ウェルに均一な照明を提供しシャドウイングを防ぎます。 IRバックライトとIR感度の高いカメラを組み合わせることで、暗闇での信頼性の高いトラッキングが可能になります。 これらのすべての機能を組み合わせることで、個々の動物を確実に確認できます。

温度管理

温度制御は、ゼブラフィッシュの実験、特に照明要素がある環境で試験された稚魚の実験における重要な要素です。 わずかな温度変化であっても、実験動物の健康状態、ひいてはデータの有効性に影響することがあります。

温度単位は温度変化を防ぎ、稚魚の正確な温度を制御することができます。 温度コントロールユニットもDanioVisionシステムの一部です。 DanioVision オブザベーション・チャンバーに簡単に接続でき、稚魚の実際の温度を簡単に制御します。

音・振動刺激

DanioVisionタッピングデバイスは簡単に設置することができ、ウェルプレートまたは他の容器を保持する槽の底に別個のタップを生成します。 これらのタップは水中で振動を起こし、個体に驚愕反応を引き起こします。 EthoVision XTからタッピングデバイスをコントロールすることができます:力を(8つの異なるレベルで)設定し、タッピングレート(最大3タップ/秒)を設定できます。 タイミングに基づいてこれをプログラムすることができます。

コミュニティ

私たちのゼブラフィッシュの研究コミュニティは成長しており、毎年Society for Neuroscience会議では衛星シンポジウムを開催しています。 2013年には、ゼブラフィッシュの研究に完全に焦点を合わせました。

研究のアプリケーション

パーキンソン病研究 、毒物学 、および概日リズム研究などDanioVisionの研究についてはアプリケーションのセクションまたはノルダス社のブログで詳しくご覧いただけます。