温度コントロールユニット

稚魚の温度を絶対制御

温度制御ユニットはDanioVisionシステムの一部です。 それは、ゼブラフィッシュの稚魚またはDanioVisionで追跡している他の小さな生物で、ウェルプレート周辺の水温を完全に制御することができます。 温度の変化はデータの多様性を意味し、結果が無効になるため、これは研究にとって不可欠です。 DanioVisionシステムは、完全に気候を調整した部屋で作業する必要なく、貴重なデータと同等のデータを確実に収集します。

このビデオでは、フロースルーシステムの仕組みを見ることができます。 温度を設定した後、水はすぐにウェルプレートの下に均等に広がります。

フロースルーシステム

温度制御ユニットはフロースルーシステムで、ウェルプレート下の水がユーザー定義の温度で流れるようにします。 このデザインでは、水を冷やしたり熱したりできるので、実験の条件を正確に設定できます。

簡単なセットアップ

ユニットは非常にコンパクトで、実験室または床に置くことができます。 接続は簡単:2本の水管と2本のケーブルを接続し、チャンバー内の水盤を満たし、温度を設定すればすぐに作業できます。

Daniovision TCU front

温度制御装置は非常にコンパクトで、観測室または床の隣に設置できます。
Daniovision TCU back

DanioVision Observation Chamberのセットアップと接続は簡単です。

ユーザー定義の温度

希望の温度を設定すると、システムはユーザー定義の温度に達するまで水の加熱または冷却を開始します。 これには数分しかかかりません。 水の温度はウェルプレートの位置で直接測定され、ウェル内で最も正確な温度を保証します。 現在の水温はディスプレイから読み取ることができます。