タッピングデバイス

ゼブラフィッシュの稚魚は驚異的な驚愕反応を示します。 これは、より高い脊椎動物におけるプロセスと同様の方法で神経経路によって媒介されるため、驚愕応答試験は広範囲の神経科学研究に適用することができます。

応答を刺激する

驚愕反応は、 光刺激または振動刺激などの異なる方法で引き起こされ得ます。 前者はすでにDanioVisionチャンバーに含まれています。後者の場合、Noldusは最近タッピングデバイスを設計しました。 これは、あなたのウェルプレートまたはペトリディッシュが置かれているウェルプレートの底にあるDanioVision Observation Chamberに置くことができる小さな器具です。

 

異なるレベルの振動刺激用タッピングデバイス

このデバイスからのタップは水に振動を引き起こし、個体に驚愕反応を引き起こします。 異なる強さで刺激を設定することができます – 8つのレベルがあります – より高い力でより多くの水の動きをもたらします。 また、タッピングレートを最大3タップ/秒に調整することもできます。 タッピングデバイスは白色光刺激と組み合わせることができ、両方ともDanioVisionシステムに含まれるEthoVision XTソフトウェアによって制御されます。

個体の驚愕反応を分析するために、EthoVision XTによって測定された距離移動パラメータを使用して、刺激の前後の期間を比較することができます。

ウェルプレート内の位置の影響はない

タッピングデバイスは、試験した全ての動物に対して均一な刺激を提供します。 ベータテストでは、上段対底段または96-対48-ウェルプレートにおける動物間の応答率に差は見られませんでした。

稚魚の年齢

ベータテストでは、すべての刺激強度について3〜9dpfの年齢から驚愕反応を検出できることも示されました。 5および6 dpfの稚魚について実施した試験は、5日目と6日目の間の応答の程度に有意差を示されませんでした(ANOVA、P> 0.5)。

*スウェーデンのストックホルムカロリンスカ研究所環境医学研究所のStefan Spulber博士、 Dr. Edor Kabashi、Insitut du Cerveau et de la Moelle、パリ、フランス; URM INSERM 788、Le Kremlin-Bicêtre、フランス、中谷博子博士。