エソビジョンXTによるビデオトラッキング

エソビジョンXTは20年以上も前から存在していますが、この間にビデオトラッキング・ソフトウェアから、ラボの中核となるように設計されたソフトウェアプラットフォームに進化しました。

EthoVision ten years ago
 
 
new EthoVision XT

 
 

ビデオ追跡技術は多用途であり、多くの行動テストにおいて非常に有用です。 オープンフィールドやモリス水迷路などのストレートフォワードプロトコルから、96ウェルプレートでのゼブラフィッシュの稚魚活動モニタリングなどのハイスループットテストまで、これらすべてに適合。 オペラントコンディショニングとオプトジェネティクスも現在の研究の重要な部分であり、エソビジョン XTは機器の制御を含む高度なプロトコルを自動化するように設計されているため、5つの選択肢の連続反応時間タスクなどのテストを実行できます。

このページでは、エソビジョンXTが、それら実験系を構築できるソフトウェアである理由をご説明します。

 

ビデオトラッキングとは?

ビデオトラッキングとは、エソビジョンXTがビデオファイルまたはライブビデオフィード内の動物を検出し、その背景と区別し、居場所や動きを追跡できることを意味します。 これはエソビジョンXTの中核となります。

EthoVision XT

検出と追跡はエソビジョンXTの中核です。
EthoVision XT

動物が検出され、追跡データから多数のパラメータを計算することができます。
 

最近ではトラッキングに加えて、1つのフレームから次のフレームまでのピクセルレベルの変化として検出する「アクティビティ分析」が追加されました。 これはフリージングなどの行動を研究するのに適しています。

結果としてさまざまな種類の分析が可能となりました。 エソビジョンXTはいくつかのパラメータを抽出し、プロット・グラフ・トラック ・ヒートマップのような結果を視覚化できます 。

 

解析結果

アリーナ内でゾーンと興味のあるポイントを定義し、動き・活動・行動をこれらのゾーンに関連付け、多数の統計結果を表示します。 

 

どのような動物でも

エソビジョンXTは主に行動神経科学分野で使用されていますが、 アリーナの上にカメラを置くことができる限り、家畜や魚類など、どのような動物でも追跡することができます。 エソビジョンXTは子どもを追跡する自閉症研究にも使われています。

行動認識

最近、エソビジョンXTに「ラットまたはマウスの行動の自動認識」という別の主要なデータ収集オプションが追加されました。 一貫性をもって正確に、そして無駄なくスコア化されます。