CatWalk:歩行解析の次のステップ

定量的歩行分析は、歩行能力の客観的評価、ならびに脳性麻痺、パーキンソン病、脳卒中、頭部または脊髄損傷、および他の神経筋障害の患者における歩行異常の根本原因を特定するのに有用です。 長年に渡って、自発的なオープンフィールドの運動をスコアリングすることから、接触電極の記録、フットプリント分析、動力学、2Dおよび3D運動学、およびCatWalk™を使用するより洗練された方法まで、実験動物の歩行を分析するための多くの異なる方法が開発されています。 現在の研究はCatWalkを脊髄損傷(SCI)のモデルにおける歩行運動を分析し数値化する方法として焦点を当てています。 CatWalkによって測定されたパラメータ、特に調整のための尺度は、豊かな住宅施設によって誘導される自発的な運動訓練の行動的影響を試験するために使用されます。

CatWalk XTを用いた脊髄損傷後の運動機能解析

CatwalkTMXT歩行解析は、マウスおよびラットの歩行の静的および動的パラメータを分析するために使用できます。 このユーザーレポートに記載されている研究では、血管内皮増殖因子(VEGF)で治療した後の脊髄損傷ラットの歩行をモニターし定量するCatWalk XT歩行分析を使用しました。