論文

キャットウォークXTが使われている論文をご紹介します。

2017年

Vidal, P.M.; Karadimas, S.K.; Ulndreaj, A.; Laliberte, A.M.; Tetreault, L.; Forner, S.; Wang, J.; Foltz, W.D.; Fehlings, M.G. (2017). Delayed decompression exacerbates ischemia-reperfusion injury in cervical compressive myelopathy. JCI Insights, 2(11), e92512.

2016年

Tatenhorst, L.; Eckermann, K.; Dambeck, V.; Fonseca-Ornelas, L.; Walle, H.; Lopes da Fonseca, T.; Koch, J.C.; Becker, S.; Tonges, L.; Bahr, M.; Outeiro, T.F.; Zweckstetter, M.; Lingor, P. (2016). Fasudil attenuates aggregation of a α-synuclein in models of Parkinson’s disease. Acta Neuropathologica Communications, 22, 4-39.

2015年

Hayakawa, K.; Uchida, S.; Ogata, T.; Tanaka, S.; Kataoka, K.; Itaka, K. (2015). Intrathecal injection of a therapeutic gene-containing polyplex to treat spinal cord injury. Journal of Controlled Release, 197, 1-9.

Hodgkinson, V.L.; Dale, J.M.; Garcia, M.L.; Weisman, G.A.; Lee, J.; Gitlin, J.D.; Petris, M.J. (2015). X-linked spinal muscular atrophy in mice caused by autonomous loss of ATP7A in the motor neuron. The Journal of Pathology, doi: 10.1002/path.4511

Stelt, I. van der; Hoek-van den Hil, E.; Swarts, H.J.M.; Vervoort, J.J.M.; Hoving, L.; Skaltsounis, L.; Lemonakis, N.; Andreadou, I.; Schothorst, E.M. van. (2015). Nutraceutical oleuropein supplementation prevents high fat diet-induced adiposity in mice. Journal of Functional Foods, 14, 702-715.

Yoo, S.-W.; Motari, M.G.; Susuki, K.; Prendergast, J.; Mountney, A.; Hurtado, A.; Schnaar, R.L. (2015). Sialylation regulates brain structure and function. The FASEB Journal, gj.15-270983.

Zhou, M.; Zhang, W.; Chang, J.; Wang, J.; Zheng, W.; Yang, Y.; Wen, P.; Xiao, H. (2015). Gait analysis in three different 6-hydroxydopamine rat models of Parkinson’s disease. Neuroscience Letters, 584, 184-189.

2014年

Boehmerle, W.; Huehnchen, P.; Peruzzaro, S.; Balkaya, M.; Endres, M. (2014). Electrophysiological, behavioral and histological characterization of paclitaxel, cisplatin, vincristine and bortezomib-induced neuropathy in C57Bl/6 mice. Scientific Reports, 4, 6370.

Chen, Y.J.; Cheng, F.C.; Sheu, M.L.; Su, H.L.; Chen, C.J.; Sheehan, J.; Pan, H.C. (2014). Detection of subtle neurological alterations by the CatWalk XT gait system. Journal of Neuroengineering and Rehabilitation, 11, 62.

Hou, J.; Nelson, R.; Nissim, N.; Parmer, R.; Thompson, F.J.; Bose, P. (2014). Effect of combined treadmill training and magnetic stimulation on spasticity and gait impairments following cervical spinal cord injury (C-SCI). Journal of Neurotrauma, doi: 10.1089/neu.2013.3096.

Ishikawa, G.; Nagakura, Y.; Takeshita, N.; Shimizu, Y. (2014). Efficacy of drugs with different mechanisms of action in relieving spontaneous pain at rest and during movement in a rat model of osteoarthritis. European Journal of Pharmacology, 738, 111-117.

Madinier, A.; Quattromani, M.J.; Sjolund, C.; Ruscher, K.; Wieloch, T. (2014). Enriched housing enhances recovery of limb placement ability and reduces aggrecan-containing perineuronal nets in the rat somatosensory cortex after experimental stroke. PLoS ONE, 9(3), e93121.

Morellini, N.; Grehl, S.; Tang, A.; Rodger, J.; Mariani, J.; Lohof, A.M.; Sherrard, R.M. (2014). What does low-intensity rTMS do to the cerebellum? Cerebellum, doi:10.1007/s12311-014-0617-9.

Plucinska, K.; Crouch, B.; Koss, D.; Robinson, L.; Siebrecht, M.; Riedel, G.; Platt, B. (2014). Knock0in of human BACE1 cleaves murine APP and reiterates Alzheimer-like phenotypes. The Journal of Neuroscience, 34(32), 10710-10728.

Qin, L.; Jing, D.; Parauda, S.; Carmel, J.; Ratan, R.R.; Lee, F.S.; Cho, S. (2014). An adaptive role for BDNF Val66Met polymorphism in motor recovery in chronic stroke. The Journal of Neuroscience, 34(7), 2493-2502.

Qin, J.; Chow, S.K.H.; Guo, A.; Wong, W.N.; Leung, K.S.; Cheung, W.H. (2014). Low magnitude high frequency vibration accelerated cartilage degeneration but improved epiphyseal bone formation in anterior cruciate ligament transect induced osteoarthritis rat model. Osteoarthritis and Cartilage, 22, 1061-1067.

Rotermund, C.; Turckenmuller, F.M.; Schell, H.; Kahle, P.J. (2014). Diet-induced obesity accelerates the onset of terminal phenotypes in α-synuclein transgenic mice. Journal of Neurochemistry, doi:10-4444/jnc.12813.

Saal, K.A.; Koch, J.C.; Tatenhorst, L.; Szego, E.M.; Toledo Ribas, V.; Michel, U.; Bahr, M.; Tonges, L.; Lingor, P. AAV.shRNA-mediated downregulation of ROCK2 attenuates degerenation of dopaminergic neurons in toxin-induced models of Parkinson’s disease in vitro and in vivo. Neurobiology of Disease, doi:10.1016/j.nbd.2014.09.013.

Salvi, J.; Bertaso, F.; Mausset-Bonnefont, A.L.; Metz, A.; Lemmers, C.; Ango, F.; Fagni, F.; Lory, P.; Mezghrani, A. (2014). RNAi silencing of P/Q-type calcium channels in Purkinje neurons of adult mouse leads to episodic ataxia type 2. Neurobiology of disease, doi:10.1016/j.nbd.2014.04.005.

Tsika, E.; Kannan, M.; Shi-Yan Foo, C.; Dikeman, D.; Glauser, L.; Gellhaar, S.; Galter, D.; Knott, G.W.; Dawson, T.M.; Dawson, V.L.; Moore, D.J. (2014). Conditional expresiion of Parkinson’s disease-related R1441C LRRK2 in midbrain dopaminergic neurons in mice causes nuclear abnormalities without neurodegeneration. Neurobiology of Disease, doi:10.1016/j.nbd.2014.08.027.

 

CatWalkについて語られています。

単関節炎 – カラギーナンの膝関節への投与

CatWalkは、各足の床と接触したときの接触の大きさや時間、各足が及ぼす体重の支え方、規則性など、炎症性の足関節の痛みに関連する行動を測定するのに有用な方法であることが証明されています。CatWalkは最も包括的な分析を提供し、動物との物理的干渉を最小限に抑えながら客観的で便利な定量化を提供します。この研究はこの方法が鎮痛剤の評価に適していることを実証しています。

Moller, K.A.; Berge, O.-G.; Hamers, F.P.T. (2008). Using the CatWalk method to assess weight-bearing and pain behaviour in walking rats with ankle joint monoarthritis induced by carrageenan: effects of morphine and rofecoxib. Journal of Neuroscience, 174(1), 1-9.

変形性関節症 – 膝関節へのヨウ化ナトリウム一ナトリウム(MIA)の注射

興味深いことに、OA動物の歩行解析では、歩行速度、歩幅、歩容、ストライド、スイング時間などの測定されたパラメータのうち、耐荷重を除いて変更されていないことが明らかになりました。歩行中に床に接触することを最小限に抑え、痛みの少ない四肢に圧力をかけることができるため、変形性関節症の肢に体重がかからないようにすることができます。したがって、CatWalkは、機械的異痛を推測する可能性のある体重負荷を間接的に測定することにより、OAモデルにおける侵害受容を評価するための良い試験であると思われます。また、歩行が最も重度の機械的要因を引き起こすOA患者の日常的な状況と良好な相関がある 影響を受けた脚からの体重の変化が起こる、と語られています。

Ferreira-Gomes, J.; Adaes, S.; Castro-Lopes, J.M. (2008). Assessment of movement-evoked pain in osteoarthritis by the knee-bend and CatWalk tests: a clinically relevant study. The Journal of Pain, 9(10), 945-954.

皮質脊髄路損傷 – 錐体外切開モデル

CatWalkは、歩行のわずかな乱れ、特に歩幅を検出することを可能にしました。

Starkey, M.L.; Barritt, A.W.; Yip, P.K.; Davies, M.; Hamers, F.P.T.; McMahon, S.B.; Bradbury, E.J. (2005). Assessing behavioural function following a pyramidotomy lesion of the corticospinal tract in adult mice. Experimental Neurology, 195(2), 524-539.

末梢神経再生 – 坐骨神経挫滅

CatWalkで視覚化したフォローアップ期間中、ラットやマウスのいずれかで印刷物を得るのに多くの圧力を必要としない写真フィルム(De Medinacelli法)で回収されたが、印刷領域は回復したシステム。”

マウスのCatWalkデータは、ラット同様、マウスも神経圧挫後に機械的異痛を発症したことを示しています。

Vogelaar, C.F.; Vrinten, D.H.; Hoekman, M.F.M.; Brakkee, J.H.; Burbach, J.P.H.; Hamers, F.P.T. (2004). Sciatic nerve regeneration in mice and rats: recovery of sensory innervation is followed by a slowly retreating neuropathic pain-like syndrome. Brain Research, 1027(1-2), 67-72.

急性疼痛 – カラギーナン誘発急性疼痛

Graph

今回の調査は、CatWalkが急性疼痛後の歩行関連変化の自動化、高速、客観的かつ完全な分析を可能にすることを実証しています。

単一足に関連するCatWalkパラメータは、フォンフライ離脱閾値によって評価される機械的異痛の発生と強く相関しています。

カラギーナン誘発性炎症の誘導後に、これらのデータはすべて一緒になって、同側足のより短い、より軽く、遅延した足床接触を示ししています。この研究では注射前と注射後の値の間に差はなく、このことは、インターリム時間の関係の変化における非常に正確な適応を示唆しています。

Gabriel, A.F.; Marcus, M.A.E.; Honig, W.M.M.; Walenkamp, G.H.I.M.; Joosten, E.A.J. (2007). The CatWalk method: a detailed analysis of behavioral changes after acute inflammatory pain in the rat. Journal of Neuroscience Methods, 163(1), 9-16.

神経因性疼痛 – 慢性絞扼傷

「フォンフライの機械的撤退閾値とCatWalk歩行解析から得られたパラメータとの間に強い相関があることがわかった」

さらに、これらの強度変化および段階段階の変化の時間経過は、フォンフライ離脱閾値と同様であり、これらのCatWalkパラメータは、これらのラットにおける機械的異痛の変化と平行していることが示されました。

CatWalkは、多くの歩行パラメータを迅速かつ客観的に解析することを可能にします。CCWラットでは、機械的異痛を呈し、CatWalk法で得られた足圧および姿勢および揺れ期の測定値は、これは、CatWalk法が機械的異痛を定量化するための代替手段を提供する可能性があることを示唆しています。

Vrinten, D.H.; Hamers, F.F. (2003). ‘CatWalk’ automated quantitative gait analysis as a novel method to assess mechanical allodynia in the rat; a comparison with von Frey testing. Pain, 102(1-2), 203-209.

パーキンソン病 – 両側部分的6-ヒドロキシドパミン(6-OHDA)ラットモデル

CatWalkは、両側6-OHDAラットモデルにおける運動障害を評価するための非常に敏感で客観的な試験であることが示されています。

結論として、CatWalk解析では、STNは、主に両側の6-OHDA治療のラットの前肢および四肢の動的および静的な歩行機能に関与していると結論づけられました。

Vlamings, R.; Visser-Vandewalle, V.; Koopmans, G.; Joosten, E.A.J.; Kozan, R.; Kaplan, S.; Steinbusch, H.W.M.; Temel, Y. (2007). High frequency stimulation of the subthalamic nucleus improves speed of locomotion but impairs forelimb movement in Parkinsonian rats. Neuroscience, 148(3), 815-823.

末梢神経損傷 – 坐骨神経変性(完全な神経切断)

Graph

これらのパラメータの大部分は、神経突起後に強く阻害され、冒されていない足のレベルの15%に達するレベルに達し、これらの変化が歩行速度の変化に関連している可能性が排除され得る。回復の兆候は、明らかに1cmの切除ギャップが回復を妨げるという事実に関連しています。

したがって、CatWalk歩行分析の主な利点は、神経感覚後の動的および静的な速度制御歩行変化の大きなセットを高感度で検出できる単一の行動テストであることです

Deumens, R.; Jaken, R.J.P.; Marcus, M.A.E.; Joosten, E.A.J. (2007). The CatWalk gait analysis in assessment of both dynamic and static gait changes after adult rat sciatic nerve resection. Journal of Neuroscience Methods, 164(1), 120-130.

末梢神経損傷 – 坐骨神経挫滅損傷モデル

CatWalk歩行解析は、完全なラットの坐骨神経損傷後の行動回復の測定に適していることが実証されています。機能的な軸索再生を決定するには、動的歩行パラメータ、足指紋の強度、およびカップリング位相遅れが特に重要です。これらのパラメータは、坐骨神経挫滅から4週間以内に完全回復します。

Bozkurt, A.; Deumens, R.; Scheffel, J.; O’Dey, D.M.; Weis, J.; Joosten, E.A.; Fuhrmann, T.; Brook. G.A.; Pallua, N. (2008). CatWalk gait analysis in assessment of functional recovery after sciatic nerve injury. Journal of Neuroscience Methods, 173(1), 91-98.

末梢神経損傷 – 神経隙間モデル

CatWalkは、他の行動テストのパラダイムに対する補完的アプローチとして、動的および静的歩行パラメータを同時に測定することができ、臨床的に関連する行動上の利点を評価することができます。 CatWalk分析の静的パラメータ。

Lin, K.-L.; Yang, D.-Y.; Chu, I.-M.; Cheng, F.-C.; Chen, C.-J., Ho, S.-P.; Pan, H.-C. (2009). DuraSeal as a Ligature in the Anastomosis of Rat Sciatic Nerve Gap Injury. Journal of Surgical Research, article in press, doi:10.1016/j.jss.2008.10.020.

外傷性脳損傷 – CCI

Graph

“頭部外傷の設定で実験動物の歩行機能を評価するために現在の研究で使用されたcatwalkmethodは、人間の以前の観察を有効にします。

Neumann, M.; Wang, Y.; Kim, S.; Hong, S.M.; Jeng, L.; Bilgen, M.; Liu Jialing. (2009). Assessing gait impairment following experimental traumatic brain injury in mice. Journal of Neuroscience Methods, 176(1), 34-44.

脊髄損傷 – 側丘咬傷

「CatWalkを使用した歩行解析は、前肢運動量スケール(シリンダーテスト)よりも横側の義足切開後の運動機能のより敏感なテストであった。対照的に、NEP1-40で処置した動物の全ての測定された歩行パラメータは、ほぼ正常なレベルに回復した」と述べている。

Cao, Y.; Shumsky, J.S.; Sabol, M.A.; Kushner, R.A.; Strittmatter, S.; Hamers, F.P.T.; Lee, D.H.S.; Rabacchi, S.A.; Murray, M. (2008). Nogo-66 receptor antagonist peptide (NEP1-40) administration promotes functional recovery and axonal growth after lateral funiculus injury in the adult rat. Neurorehabilitation and Neural Repair, 22(3), 262-278.

脊髄損傷 – 中程度の挫傷

BUB C1q KOは、BMSスケールに反映されていない、CatWalkで測定された歩行の細部の回復が改善されたことを示しています。これらの結果は、特定の傷害重症度に関連すると予測される赤字に敏感な行動テスト”

Galvan, M.D.; Luchetti, S.; Burgos, A.M.; Nguyen, H.X.; Hooshmand, M.J.; Hamers, F.P.T.; Anderson, A.J. (2008). Deficiency in complement C1q improves histological and functional locomotor outcome after spinal cord injury. The Journal of Neuroscience, 28(51), 13876-13888.

脊髄損傷 – 軽度および中等度の片側性挫傷

我々の調査結果は、WebbとMuir(2002)の広範な研究によって支持されているが、実際には、歩行中の力の変化を調べたところ、頸椎切除術を受けた動物は前肢の体重が減少し、同側の前肢はあまり使用されなかったことが明らかになりました。システムでは、同様の赤字が本研究で検出された。

Gensel, J.C.; Tovar, C.A.; Hamers, F.P; Deibert, R.J.; Beattie, M.S.; Bresnahan, J.C. (2006). Behavioral and histological characterization of unilateral cervical spinal cord contusion injury in rats. Journal of Neurotrauma, 23(1), 36-54.

脊髄損傷 – 断裂傷

BBBスコアリング法を用いて、CSTx、RSTxおよびHx群のラットは、全期間にわたり一貫した後肢/前肢の協調を回復せず、機能回復は、病変後のディップの差を除いて、群間で有意に異ならなかった。 CSTx動物は、偽手術対照とほぼ同じ結果を示したが、RSTxおよびHx動物では、有意差は認められなかったが、対照群と比較して、CatWalk分析では、肢間協調(RI) CatWalkテストの四肢の調整。

Hendriks, W.T.J.; Eggers, R.; Ruitenberg, M.J.; Blits, B.; Hamers, F.P.T.; Verhaagen, J.; Boer, G.J. (2006). Profound differences in spontaneous long-term functional recovery after defined spinal tract lesions in the rat. Journal of Neurotrauma, 23(1), 18-35.

脊髄損傷 – 断裂傷

この試験(CatWalk編)は、対照動物と比較して、15週間で規則的な歩行パターンへの治療動物の有意な改善を明らかにしました。

Klapka, N.; Hermanns, S.; Straten, G.; Masanneck, C.; Duis, S.; Hamers, F.P.T.; Muller, D.; Zuschratter, W.; Muller, H.W. (2005). Suppression of fibrous scarring in spinal cord injury of rat promotes long-distance regeneration of corticospinal tract axons, rescue of primary motoneurons in somatosensory cortex and significant functional recovery. European Journal of Neuroscience, 22(12), 3047-3058.

脊髄損傷 – 挫傷

CatWalkは、観察された機能的回復の詳細な分析を可能にします。位相遅れの変動性をパラメータとして使用することによって、HL間の調整または結合に専念することができた。

Koopmans, G.C.; Brans, M.; Gomez-Pinilla, F.; Duis, S.; Gispen, W.H.; Torres-Aleman, I.; Joosten, E.A.J.; Hamers, F.P.T. (2006). Circulating insulin-like growth factor I and functional recovery from spinal cord injury under enriched housing conditions. European Journal of Neuroscience, 23(4), 1035-1046.