PhenoTyperと光発生刺激

オプトジェネティックスは、行動研究の重要な発展です。 PhenoTyperは、長期間にわたって観察したい場合にも、オプトジェネティクス研究に非常に適しています。 オプトジェネティックな刺激中またはその後のあなたの動物の行動変化は、EthoVision XTトラッキングおよび分析ソフトウェアで自動的に調査することができます。 しかし、もっとあります。 トライアル&ハードウェア制御モジュールを使用すると、Optogenetics刺激デバイスを自動的に制御できます。 特定の時刻にデバイスをオンまたはオフに切り替えることができます。 しかし、あなたの動物が特定の行動を示しているときにそれをオンとオフに切り替えることもできます。 たとえば、飲み始めたときや、テストアリーナのゾーンに入ったときなどです。

ソーシャルインタラクションモジュールをお持ちの場合、動物が別のものに近づいたとき、または協調行動を示すときに刺激を加えることができます。 また、EthoVision XTのMultiple Body Points Moduleを使用してPhenoTyperの設定を拡張すると、テストプロトコールに動物の向きを含めることもできます。たとえば、ある動物の鼻先が他の動物の鼻先の近くにあるときに刺激を加えます。