PhenoTyperトップユニット

計装されたトップユニットには、赤外線LEDライトの3つのアレイを備えた赤外線センサーが搭載されています。 このように、ビデオ録画と分析は、PhenoTyperケージが設置されている施設の周囲の光の状態から完全に独立しています。
これはまた、例えば、PhenoTyperホームケージで昼/夜のサイクルを作成するために、これらの光条件を実験的に調整する機会を提供します。

トップユニットには、オペラントコンディショニング試験用のハウスライトとシングルトーンも含まれています。 さらに、回避的な挙動試験のためにPhenoTyperケージ内に明るい暗い勾配を作成するために、嫌な白いスポットライトが存在します。

仕様

ビデオ出力 CCIR黒/白Vpp-75オーム(PAL)またはEIA黒/白Vpp-75オーム(NTSC)
赤外線照明 ディフューザーを介して3つの統合IRアレイ
オーディオ刺激 周波数~2300Hz; レベル〜70dB
ハウスライト 590 nm
ホワイトスポットライト 5500°Kの色温度; レベル0〜1000ルクス
電源 24 VDC-15W